メインのコンテンツブロックにジャンプします

豁然亭

  • 更新日:2021-10-17
  • 閲覧者数:854
  • ハンサム豁然亭(.jpg)
  • 立霧渓は三角錐山を蛇行します(.jpg)
  • 豁然亭遊步道アーチウェイ(.jpg)
  • 豁然亭の眺め(.jpg)
  • 豁然亭遊步道はしごを開始(.jpg)
  • 豁然亭サイドラダー(.jpg)
利用案内
管理天祥管理ステーション
レクリエーションゾーン天祥レジャーエリア
標高1000メートル
利用上の注意1.この歩道は長年の台風による深刻な損壊状況により、現在開放されているのは上方西口の豁然亭から約500m先までです。閉鎖エリアには入れません。
2.この歩道は険阻な地形です。体力や技術に自信のない方はご遠慮ください。
3.天祥に設置されたトイレ以外、道中にトイレはありません。
位置MAP
電話03-8691466
QR Codeマップ

豁然亭
天祥から迴頭湾を迂回しながら8㎞進むと、視界が開けてきます。途中にある中国風のあずまやが豁然亭です。

豁然亭は海抜約1,000mにある素晴らしい見晴らしスポットです。ここから遠くの山々や河岸段丘を一望できます。天祥の方角に目を向けると、三角錐山と塔山の間を縫うように流れる立霧渓を見えます。左の方角には西宝の河岸段丘があります。

豁然亭から険しい稜線沿いに視線を落とすと、右側に別の稜線両側を流れる瓦黒爾渓と塔次基里渓の合流、左側に大沙渓の激しい流れを確認することができます。

豁然亭は、高い位置から天祥(旧名:タビト)の様子が一望でき、また西宝、かつての跑馬場及び付近の山地も容易に見渡せ、日本統治時代は重要な戦略拠点でした。当時の日本軍は、豁然亭から道路を隔てた向かいの高台に砲台を設置しました。あずまやには「雲亭遠眺」の4文字の碑文が建てられています。

豁然亭遊歩道: センターから西に500m登った処で折返し

施設
展望台
交通情報
自転車周囲の道路は頻繁に大型車両が走りますので、交通安全には十分注意してください。
バス花蓮駅または新城(太魯閣)駅から洛韶1126、梨山1141方面を利用、豁然亭で下車。
太魯閣から中横公路を西に進み、西宝を過ぎると豁然亭に到着。