メインのコンテンツブロックにジャンプします

布洛湾台地

  • 更新日:2021-10-17
  • 閲覧者数:2470
  • 布洛湾台地アウトドアレクリエーションエリア(.jpg)
  • 布洛湾台地の花と植物(.jpg)
  • 環流丘陵歩道(.jpg)
  • 小川を見下ろすサーカムフルエンスヒルパーク(.jpg)
  • 台湾ユリ(.jpg)
  • 太魯閣族ダンス(.jpg)
  • 自然の生態系(.jpg)
  • 布洛湾台地の地図(.jpg)
  • 布洛湾台地を見下ろすテラス(.jpg)
  • アイダスホールへの布洛湾台地(.jpg)
  • 布洛湾台地のアイダスホール(.jpg)
  • 布洛湾台地展示ホール(.jpg)
  • 布洛湾台地前のマッソン松(.jpg)
  • 布洛灣臺地步道(.jpg)
利用案内
管理布洛湾管理ステーション
レクリエーションゾーン布洛灣レジャーエリア
標高370メートル
位置MAP
電話03-8612528
QR Codeマップ

布洛湾は海抜370mと海抜400mの上下台地からなる環流丘陵です。ここは四方を山にかこまれています。言い伝えによると、約250年前太魯閣族の人達が上流から新しい転居地を求めてここにたどり着いたとき、豪雨に遭い雨と雷の音が山や谷にこだましていたので、「布洛湾(Brugan)」=“こだま“と地名をつけたそうです。

現在は太魯閣国立公園のレジャーエリアとなっていますが、太魯閣族がここで部落を築くより遥か昔1200年前に既に人が住んでいたことが、有史以前の陶器や石斧が見つかったことからわかっています。

布洛湾の上位段丘には宿泊施設の後方の竹林に遊歩道が設けられています。ここには大きな岩を包み込むように立っているガジュマル科のアコギの樹がはえています。下位段丘の環流丘陵歩道には台湾原生種のタカサゴユリが植えられ、かつて開墾地であったことから耕地から自然林に帰る植生の変化が観察できる場所でもあります。温室ではタカサゴユリの他に、ショウキスイセン(金花石蒜)、台東火刺木(バラ科、ピラカンサの仲間、台湾原生種)、ビヨウヤナギ(雙花金絲桃)などを栽培し移植しています。

施設
管理ステーション、売店、レストラン・カフェ、展示館、宿泊施設、バリアフリートイレ、身障者用駐車スペース
交通情報
自転車台8線中横公路を渓畔トンネル東口脇の坂道を2キロ上ったところに布洛湾の駐輪場があります。山月吊橋の入り口は布洛湾伊達斯廳脇にあります。
バス1.花蓮駅発新城経由台湾好行タロコ路線(統聯客運310)天祥行きを利用して、布洛湾で下車。 
2.台湾後好行バスの時刻表は台灣好行太魯閣線310を検索して時刻表をダウンロードしてください。お問い合わせは統聯客運TEL:03-8310192、台灣好行TEL:02-23491500まで。
3.天祥から布洛湾へは花蓮客運バス1133を利用。花蓮客運ホームページから北線1133の時刻表をダウンロードしてください。お問い合わせは花蓮客運TEL:03-8338146 まで。
4. #台湾好行バス
太魯閣線♯310(統聯客運)、03-831-0192
5. 花蓮客運北線♯1133天祥行き(03-832-3485)#花蓮客運
6.利用料金はキャッシュの他(おつりは出ません)、悠遊カード、iPassカード、iCashカードが使えます。公園内を走るバスは本数に限りがあります。スケジュールに余裕をもってお越しください。
花蓮から北へ台9線利用、新城から台8線に接続後、渓畔トンネル東口(177.9㎞地点)で左折、2キロ上がったところに布洛湾駐車場があります。タロコ国立公園ビジターセンターから布洛湾まで約10キロ、車で15分ほどかかります。山月吊橋の入り口は布洛湾伊達斯廳脇にあります。
パーキング布洛湾駐車場には自転車、バイク、自家用車、大型バスの駐車スペースがあります。