メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

錐麓古道 閉鎖中

更新日:2020-09-18 視聴回数3837

利用案内

管理
布洛湾管理ステーション
レベル
登山レベル
許可申請
入園許可の申請が必要です
標高
765 m
全長
3100 m
所要時間
徒歩で約1日
利用上の注意:
入園時間は午前7:00~10:00です。入園時間を順守してください。
遊歩道沿線には毒蛇や虫が出ることがあるため、充分注意してください。

当ルートは環境条件が特殊なことから、立ち入り人数の制限を定めています。利用する際は事前に入園との許可申請が必要です。平日96名、土日は156名まで入園許可が下りますが、台風等の自然災害その他による不可抗力の事態が発生した場合、公園管理処はルートを閉鎖することがあります。閉鎖中は入園許可は自動的に失効します。利用する際は再度申請が必要です。

入場する際は太魯閣管理ステーションhttp://npm.cpami.gov.tw/に入園申請を行ってください。
入園申請専用ライン:+886-3-8621576,+886-8621100 #605
入園申請:http://npm.cpami.gov.tw/
位置
MAP
電話:
03-8612528
E-mail:
tnp016@taroko.gov.tw
QR Code
マップ
遊歩道概要
タロコ国立公園内唯一の史跡保存エリアK-錐麓古道は合歓越え古道の一部です。
 
現在錐麓吊橋から断崖駐在所の区間、東側入口から3.1km地点で折り返し。 錐麓古道の開放時間は07:00-18:00です。10:00以前に入場が必要です。当ルートは環境条件が特殊なことから、立ち入り人数の制限を定めています。利用する際は事前に入園との許可申請が必要です。平日96名、土日156名まで入園許可が下りますが、台風等の自然災害その他による不可抗力の事態が発生した場合、公園管理処はルートを閉鎖することがあります。閉鎖中は入園許可は自動的に失効します。利用する際は再度申請が必要です。
 
成り立ち
錐麓古道は合歓越嶺古道の一部です。もともとタロコ族が各集落の間を行き来していた人一人がやっと通れる幅僅か30cmほどの道を1917年、当時の日本政府が人の往来や物資、銃器の運搬などの便を図って幅1.5mの警備道路にしました。原住民を召集し腰に縄をつけさせて、断崖の上から吊り下げ、岩にダイナマイトを埋めるて砕くという非常に危険な作業を強いた工事でした。
錐麓古道入園料に関する注意事項

一、錐麓古道利用は有料です(2017316日より実施)大人200TWD学生及び6歳以上12歳以下の児童65歳以上の場合100TWD6歳未満幼児、救難救助など公務執行中の人員、心身障害者とその付き添い一名、無料

二、事前に入園許可の申請が必要です(https://npm.cpami.gov.tw/index.aspx)許可が下りた後利用当日入園許可をプリントアウトしたものを持参の上必要書類を添えて燕子口東口(8176.9km地点)の窓口で入園券を購入審査を受けてください

                                       窓口

三、入園申請入園料支払入園の手順
ステップ1事前に入園申請が必要
まず臺灣國家公園入園入山線上申請服務網:国立公園入園オンライン申請にアクセスして入園申請をします受理されたら入園許可証をプリントアウトしてください
電子申請受付システムを利用して申請
ステップ2当日現地にて入園券を購入
プリントアウトした入園許可証
入園料半額或いは無料優待の証明となるものが必要です
ステップ3当日入園審査
以下の書類が必要です
1、入園許可証
2、錐麓古道入園公約
3、入園券
 四、入園券の使用に関する注意事項
1.購入の際は入園、及び半額優待の確認書類になるものが必要です入園許可証がない場合或いは審査に通らなかった場合は入園券の購入錐麓古道の利用はできません
2.入園券は現地でのみ当日発行します事前の販売は行っていません払い戻しはできません入園券一枚につき錐麓古道に入れるのは一名に限られます
3.おつりの要らないようご用意ください
無料、半額優待確認書類(外国人も含む):
 1無料の場合:
(1)6歳未満の幼児の場合:戸籍 謄本のコピー健康保険カードパスポートなど
(2)公務執行の場合:職員証公文書など

(3)心身障害者とその付き添いの場合:障碍者証明
 2.半額の場合
(1)6歳から12歳の児童の場合:戸籍謄本のコピー、健康保険カード、パスポートなど
(2)学生の場合:期限有効の学生証 (留学生を含む)

(3)65歳以上の場合:年齢を証明できるもの、身分証、戸籍謄本のコピー、健康保険カード、パスポートなど

入園券発行現地入園審査は午前7時から午後10時までです
アクセス

1、バス:花蓮駅、新城(太魯閣)駅、タロコビジターセンターから台灣好行(太魯閣線)または太魯閣(302)路線バスを利用、天祥行きに乗車、燕子口で下車。錐麓古道入園審査及び入園料購入場所は燕子口遊歩道東口の売り場(錐麓古道登山口)台8線176.9地点付近。バスの時刻表はホームページ   http://www.taiwantrip.com.tw/ 、太魯閣客運302バスhttp://www.ropobus.com/route?area=6

2、マイカー:(1) 渓畔(ヘルメット無料貸し出し所、台8177.9地点)の向かい布洛灣に上がる自動車道の白線内に駐車。徒歩で(1) 燕子口遊歩道へ、必要書類審査通過後、錐麓古道に入ってください。(2)燕子口遊歩道内靳珩橋(入園券売り場から600m)付近に駐車。徒歩で燕子口遊歩道東口までもどり必要書類審査通過後。錐麓古道に入ってください。

交通情報

自転車:
道路は狭く大型車両が通行するため、交通安全に充分注意してください。
バス:
天祥、洛韶、梨山行きの花蓮客運バスに乗り、燕子口停留所で下車。
花蓮客運バスは太魯閣観光サービス向上のため、中横公路渓畔サービスステーション(台8線177.9㎞地点)に案内所を増設し、観光客への安全ヘルメットの貸出しや錐麓古道入園料の支払いをスムーズに行えるようにしています。ぜひこれらのサービスをご利用ください。詳細なバス運行情報は当社ウェブサイト(http://www.hualienbus.com.tw/bus/ticket_info.php)をご参照いただくか、花蓮客運バス・お問い合わせ電話番号+886-3-8338146へご連絡ください。太魯閣客運(302) 電話番号0800-827-656。
詳細なバス運行情報は花蓮客運 http://www.taiwantrip.com.tw/ 太魯閣客運302バスhttp://www.ropobus.com/route?area=6をご参照ください。
車:
(1)太魯閣は中横公路沿いに西へ進み、渓畔トンネルを抜けて約1 km行くと到達します。(2)燕子口遊歩道内靳珩橋(入園券売り場から600m)付近に駐車。

フォトアルバム

Top