メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

崩落防止工事に伴う長春祠エリア及び白楊遊歩道一部封鎖のお知らせ

更新日:2018-11-16 視聴回数797
タロコ国立公園管理處は2018年11月19日より長春祠エリアと白楊遊歩道にて道路脇及び遊歩道脇斜面崩落防止工事に伴う通行規制を実施します。
工事期間と通行規制は以下の通りです。
  • 長春祠エリア:長春祠遊歩道旧台8線ロックシェッド脇斜面の崩落防止工事と手すり修復工事を行います。11月19日(月)と11月20日(金)は長春祠エリアは全面立入禁止となります。11月21日(水)と11月22日(木)は新長春橋東側から禅光寺参道の区間で路面修復工事を行います。この二日間長春祠遊歩道を利用する場合、戻る時は駐車スペースからもと来た道を折り返してください。この区間の一方通行は両日の実一時解除となります。
  • 白楊遊歩道:11月19日(月)から12月6日(木)にかけて遊歩道入り口から1㎞+449₋460mの区間で崩落防止工事を行います。工事期間中は遊歩道の利用は入り口から1㎞の区間のみとなります。
 
この度の作業は利用者の安全対策の一つで、地質が不安定な区域では
不定期にこのような落石防止工事を行っています。ご迷惑をお掛けしますご理解とご協力をお願いします。なお天候次第では工事を延期または中止することもあります。ご利用の際はタロコ国立公園のウェブサイトでご確認ください。
Top