| Printable version Printable version | 
more news
2016年9月26日遊歩道通行状況
2016年9月19日台8号線通行規制お知らせ [2016/09/21]
2016年9月10日台九号線公路通行規制お知らせ[2016/09/12]
2016年9月6日道路情報 [2016/09/10]
小風口定時解説活動[2016/05/08]
Hot View
more hot view
白楊
白楊
天祥から西に900m行くと左にトンネルがあります。白楊遊歩道はここから始まります。ここは台湾電力会社が1984年に立霧渓の上流に計画した水力発電用の白楊ダム建設に必要な機材の運搬用に造った道です。ダム建設はその後、太魯閣峡谷の景観と自然を保護するために白紙に戻され、白楊の滝に続く道は遊歩道として使用されることになりました。
関原
関原
關原は海抜2374m地点の尾根に開けた平坦なテラスです。本当の關原はその下方海抜約2000mのところにあり、昔中央山脈を挟んで西側のTpuqu族と東側のTruku族が狩猟区を争って戦ったところでした。關原(Sekigahara)という地名は、1914年の太魯閣事件の時、合歓山から東に太魯閣地域に攻め入った日本陸軍はここを最初の陣地として、当時の台湾府総督だった佐久間左馬太がここで12日間指揮を取ったことからきています。
慈母橋
慈母橋
慈母橋に来ると再び視野が開け、山並と広い空が見えてきます。立霧渓はここで向きを90度変え、荖西渓と合流します。橋の東側は切り立った大理石の峡谷が、西側にはあちこちで崩落を起こしている片麻岩の荖西渓の上流が望めます。峡谷はここから再びU字型からV字型に変わります。立霧渓のここの両岸の崖をよく見ると垂直に立っているのではなく、波状の凹凸が見られ、対岸とほぼ対称になり、下流にいくほど低くなっているのがわかります。両岸の同じ高さのところを線で結んでいくと立霧渓の旧河道の流れていた跡が判読できます。
:::
Quick Menu
地理と位置
ビジターセンター & 管理ステーション
景観スポット
日程の提案
アクセス
公園内宿泊施設
注意事項
  • 今日の訪問者数:37895
  • トータルアクセス数:168475157
  • 最終更新日:2016/09/27
太魯閣国立公園管理処 Taroko National Park‧住所:  台湾花蓮県秀林郷富世村291号 郵便番号97253
勤務時間:上午 08:30 至下午 05:00    電話番号:886-3-8621100~6   ファックス:886-3-8621497
copyright(c) 2016 Taroko National Park. all right reserved.
Microsoft Internet Explorer 8 の 1024 × 768 のブラウザをご使用ください。
Accessiblity AA(新しいウインドウ)
2008 Taiwan's excellent site2009 Taiwan's excellent site2011 Taiwan's excellent site2012 Taiwan's excellent site2013 Taiwan's excellent site