| Printable version Printable version | 
more news
ここ数日花蓮では地震がたびたび発生しており、加えて断続的に降り続く雨により中部横断道路沿線で落石の危険が増えています。燕子口など遊歩道ではヘルメットを着用してください。また、路上に落石注意の標示がみられるところではできるだけ速やかに通行してください。
2016年5月国立公園内道路状況[2016/05/19]
2016年5月24日遊歩道通行状況 [2016/05/24]
事故防止、夏休み期間 タロコ砂卡礑トレイルで河川保護パトロール[2015/07/14]
タロコ国立公園営業時間を延長してサービス強化[2015/02/13]
Hot View
more hot view
清水断崖
清水断崖
台北方面から花蓮県に車で入ってくるには蘇花公路を通ります。蘇花公路は蘇澳と花蓮を結ぶ前兆133kmの臨海道路で、日本統治時代の1924年から14 年間かけて多くの犠牲者を出して完成した道です。当時は台湾の西部と東部を結ぶ唯一の陸上輸送ルートで、それ以前は物資の輸送はすべて海上ルートでおこなわれていました。戦後、それも1980年2月にようやく北廻り鉄道が開通するまでは、人も物資もここを行き来していたわけです。
慈母橋
慈母橋
慈母橋に来ると再び視野が開け、山並と広い空が見えてきます。立霧渓はここで向きを90度変え、荖西渓と合流します。橋の東側は切り立った大理石の峡谷が、西側にはあちこちで崩落を起こしている片麻岩の荖西渓の上流が望めます。峡谷はここから再びU字型からV字型に変わります。立霧渓のここの両岸の崖をよく見ると垂直に立っているのではなく、波状の凹凸が見られ、対岸とほぼ対称になり、下流にいくほど低くなっているのがわかります。両岸の同じ高さのところを線で結んでいくと立霧渓の旧河道の流れていた跡が判読できます。
九曲洞
九曲洞
太魯閣が台湾で最も壮麗なところなら九曲洞の大理石峡谷は太魯閣で一番美しいところといえるでしょう。錐麓断崖を過ぎると湾曲した峡谷は幅が更に狭くなります。岩壁の大理石の褶曲模様、断層、節理などじっくり鑑賞してください。九曲洞遊歩道は中部東西横貫公路の旧道の一部です。立霧渓に沿って大理石の岩にいくつものトンネルをくり貫くようにして曲がりくねった道を造ったのでこの名前がつけられています。全長約 2kmと決して長くはありませんが、壁に残る手掘りの跡に、ノミと鎚で一振り一振り削っていった道路建設当時の大変さが伝わってくる場所です。
:::
Quick Menu
地理と位置
ビジターセンター & 管理ステーション
景観スポット
日程の提案
アクセス
公園内宿泊施設
注意事項
  • 今日の訪問者数:34
  • トータルアクセス数:153133391
  • 最終更新日:2016/05/27
太魯閣国立公園管理処 Taroko National Park‧住所:  台湾花蓮県秀林郷富世村291号 郵便番号97253
勤務時間:上午 08:30 至下午 05:00    電話番号:886-3-8621100~6   ファックス:886-3-8621497
copyright(c) 2016 Taroko National Park. all right reserved.
Microsoft Internet Explorer 8 の 1024 × 768 のブラウザをご使用ください。
Accessiblity AA(新しいウインドウ)
2008 Taiwan's excellent site2009 Taiwan's excellent site2011 Taiwan's excellent site2012 Taiwan's excellent site2013 Taiwan's excellent site